バックパックに絶望を。《人生という名の人体実験》

年間数百〜1000冊程度の読書する大学院生が、単なる思い付きを徹底的に考え抜くWeb上のlog